黄肌(キハダ)

黄肌(キハダ)はその名の通り黄色い肌をした木材で、黄色の染色材に用いられる。
心材と辺材の変化は少なく綺麗な杢が出易い。家具の天板や飾棚などによく使用する。
着色をして桑の代用品としても用いられ、雌桑・女桑(めぐわ)とも呼ばれる。
8